産経WEST

【堺市長選】反維新の竹山氏3選 維新連敗で都構想に暗雲、衆院選にも影響か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【堺市長選】
反維新の竹山氏3選 維新連敗で都構想に暗雲、衆院選にも影響か

【堺市長選】当選が確実になり、支持者らと万歳をする竹山修身氏(中央)=24日、堺市堺区(門井聡撮影) 【堺市長選】当選が確実になり、支持者らと万歳をする竹山修身氏(中央)=24日、堺市堺区(門井聡撮影)

 任期満了に伴う堺市長選は24日投票が行われ、無所属現職の竹山修身(おさみ)氏(67)=自民、民進、社民、日本のこころ推薦=が、大阪維新の会が公認する元大阪府議で新人の永藤英機(ひでき)氏(41)を破り、3選を果たした。投票率は44.31%(前回50.69%)。4年前の前回選挙と同様に維新対「反維新勢力」の全面対決という構図となったが、維新が連敗したことで、看板政策「大阪都構想」の議論や来月予定されている衆院選にも影響する可能性がある。

 今回の選挙は、竹山氏が「都構想反対」を公約に掲げる一方、永藤氏は「堺では議論する段階ではない」として都構想を封印。論点がかみあわず、争点の見えづらい選挙となる中、自民や民進などから推薦を取り付けた竹山氏が、共産の自主的支援も受けるなど、反都構想・反維新勢力を結集させた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 反維新の竹山氏3選 維新連敗で都構想に暗雲、衆院選にも影響か

「産経WEST」のランキング