産経WEST

署幹部の速度違反見逃し 「易きに流れた」犯人隠避容疑で警部補を書類送検 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


署幹部の速度違反見逃し 「易きに流れた」犯人隠避容疑で警部補を書類送検 兵庫県警

 速度違反の取り締まりをしていた際、上司の違反を故意に見逃したとして、兵庫県警が22日、犯人隠避容疑で三田署交通課の男性警部補(51)を書類送検したことが捜査関係者への取材で分かった。警部補は「同じ職場の人の切符を切りたくないと思った」と説明しており、県警は同日付で停職3カ月の懲戒処分にした。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は昨年5月27日午前7時10分ごろ、同県三田市内の一般道で速度違反の取り締まり中、当時同署の地域課長だった男性警部(54)が自家用車で出勤途中に法定速度を23キロ超過して運転していたにもかかわらず、交通反則切符(青切符)を交付せず、違反を黙認したとしている。

 警部は違反を見逃してもらった認識がありながら、署などに申告せず隠蔽。今年7月に内部通報で違反が発覚した後、反則金を納めた。警部補に見逃しを依頼した事実は確認できておらず、「易(やす)きに流れた」と説明しているという。県警は警部を22日付で戒告の懲戒処分にした。

 一方、警部補と取り締まりにあたっていた同僚5人のうち、巡査部長3人は見逃しを認識していたという。県警は3人についても本部長注意の処分とした。

「産経WEST」のランキング