産経WEST

森友学園、強制退園巡る訴訟3件で保護者側と和解

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


森友学園、強制退園巡る訴訟3件で保護者側と和解

 学校法人「森友学園」(大阪市淀川区、民事再生手続き中)が運営する塚本幼稚園を強制的に退園させられたなどとして、元園児の保護者らが計約710万円の損害賠償を学園に求めた大阪地裁での3件の訴訟で、学園が一部金額を支払う内容で和解が成立したことが22日、関係者への取材で分かった。

 学園管財人の疋田淳弁護士が先月、和解交渉を申し入れていた。学園前理事長の籠池(かごいけ)泰典被告(64)や妻の諄子(じゅんこ)被告(60)=いずれも詐欺罪などで起訴=らも訴えられているが、今回の和解は個人への賠償責任は対象外で、保護者らは引き続き夫妻の責任を追及する方針。

 訴えによると、保護者らはPTA入会や卒業アルバムの購入を拒否したことを理由に、強制退園させられたなどと主張していた。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング