産経WEST

89歳の母介護の男性「受け止めるのに3年、開き直るのに5年」認知症への理解を 世界アルツハイマーデー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


89歳の母介護の男性「受け止めるのに3年、開き直るのに5年」認知症への理解を 世界アルツハイマーデー

アイスクリームを食べて笑顔を見せる木寺コハルさん。喜義さんが在宅で介護している アイスクリームを食べて笑顔を見せる木寺コハルさん。喜義さんが在宅で介護している

 認知症への理解を深めようと、「国際アルツハイマー病協会」(本部・英国)が平成6(1994)年に制定した「世界アルツハイマーデー」の21日、国内では30カ所が認知症のシンボルカラーであるオレンジ色にライトアップされる。

 日本では、公益社団法人「認知症の人と家族の会」(同・京都市)が中心となって25年からライトアップを行っており、今年はポートタワー(神戸市)や京都タワー、大阪城などがオレンジ色に灯される。

 厚生労働省によると、高齢化の進展に伴い、24年に462万人だった認知症患者は37年には約700万人に増加すると推計されるという。家族の会の鈴木森夫代表理事(65)は「認知症は初期から重度まで幅広く本人の状態もさまざま。まずは認知症のことを知ってもらい、支援の輪を広げたい」と話している。

 大阪府豊能町の木寺喜義(きてらきよし)さん(63)は、認知症の症状が出始めて12年になる母のコハルさん(89)を自宅で1人で介護している。

 お盆に供える花束を花筒に差し込むことができない、畑に行く軽トラックへの乗り方を忘れた…。コハルさんに認知症の症状が出始めたのは平成17年だったという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング