産経WEST

福井のコウノトリ兄弟、愛称は「かけるくん」「ほまれくん」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


福井のコウノトリ兄弟、愛称は「かけるくん」「ほまれくん」

コウノトリの「かけるくん」(左)と「ほまれくん」(県提供) コウノトリの「かけるくん」(左)と「ほまれくん」(県提供)

 福井県は20日、越前市白山地区で5月に生まれた国の特別天然記念物コウノトリの幼鳥2羽(雄)の愛称を発表した。愛称は誕生1羽目が「かけるくん」、2羽目が「ほまれくん」。10月8日、同市安養寺町の農道で放鳥式典があり、命名者の表彰式が行われる。

 「かけるくん」の命名者は越前市の万葉中学1年、光川晴菜さん(12)。「兄弟が仲良く空をかけてほしい」との願いを込めている。「ほまれくん」の命名者は福井市の西藤島小4年、鶴谷百恵さん(9)と妹の同2年、菜々恵さん(7)。「福井を代表するお米、いちほまれと同じ年に生まれ、コウノトリもお米も、全国に羽ばたいてほしい」との願いから命名したとしている。

 愛称は県内外から254点の応募があり、親子選考員10人による1次選考(8月4~28日)と、親子選考員代表者と地元白山地区の代表、越前市、県の関係者計5人による選考(今月15日)で、「かけるくん」は同じ命名者の4人の中から1人、「ほまれくん」は11人から姉妹を決定した。

「産経WEST」のランキング