産経WEST

【堺市長選】現職竹山氏が先行 都構想58%が堺市参加に否定的 共同通信電話調査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【堺市長選】
現職竹山氏が先行 都構想58%が堺市参加に否定的 共同通信電話調査

一騎打ちとなっている新人の永藤氏(左)と現職の竹山氏 一騎打ちとなっている新人の永藤氏(左)と現職の竹山氏

 共同通信社は16、17両日、堺市長選(24日投開票)に関する電話調査を実施し、取材を加味して情勢を探った。3選を目指す無所属現職竹山修身氏(67)=自民、民進、社民、日本のこころ推薦=が先行し、政治団体「大阪維新の会」新人の元大阪府議永藤英機氏(41)が追う。3割は投票先未定で情勢は流動的だ。

 2013年の前回選挙では大阪維新が掲げた「大阪都構想」への堺市参加が主要争点だったが、今回、永藤氏は「議論が進んでいない」として公約に盛り込まず、竹山氏は「都構想隠しだ」と指摘、改めて反対を主張している。都構想を投票の判断材料にするか聞いたところ、「する」(45・6%)と「しない」(48・8%)が拮抗した。「堺市が参加すべきだと思う」は27・5%、58・0%は「そうは思わない」と答えた。

 竹山氏は、推薦各党の支持層の一定程度を固めた上、自主的に支援する共産党にも浸透。「支持する政党はない」と答えた無党派層でも永藤氏を上回った。日本維新の会は大半が永藤氏を支持。自主投票を決めている公明党では、竹山氏支持の方が多くなっている。

 新市長に取り組んでほしい政策(複数回答)は最多が「医療・福祉」(51・7%)。「教育・子育て」(39・4%)、「景気・雇用」(20・1%)と続いた。

                ◇

 【調査の方法】堺市の有権者を対象に16、17両日、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。実際に有権者がいる世帯にかかったのは1306件、うち806人から回答を得た。

「産経WEST」のランキング