産経WEST

【Jリーグ】神戸の悩めるストライカー田中順也が光明のゴール 「イエスマン」から脱却で飛躍誓う

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【Jリーグ】
神戸の悩めるストライカー田中順也が光明のゴール 「イエスマン」から脱却で飛躍誓う

前半、先制のゴールを決め、喜ぶ神戸・田中順=神戸ユニバー 前半、先制のゴールを決め、喜ぶ神戸・田中順=神戸ユニバー

 J1神戸に今季新加入したFW田中順が、16日の札幌戦でリーグ戦初ゴールを挙げた。チームはリーグ戦は苦戦するも天皇杯でチャンスを残すだけに、悩めるストライカーの復調は光明となりそうだ。

 札幌戦の前半4分、ポドルスキのミドルシュートをGKがはじくと、前線にいた田中順が冷静に右足で押し込んだ。今季加入後、リーグ戦は18試合目で初得点。お立ち台で「ちょっと時間がかかり過ぎたので、申し訳ない」と本音をこぼした。

 ポルトガルのリーグで磨いた得点能力を期待されていた。しかし、同じ左利きのポドルスキが夏場に加入するなどしたことで控えに回る機会が増え、「自分自身にプレッシャーをかけて取り組まないと…」と苦悩を募らせていた。

 ネルシーニョ前監督の解任も響いた。同氏が率いた柏で主力選手として活躍し、国内3大タイトル制覇に貢献するなど師弟関係を築いていたからだ。7月に0-5で大敗した川崎戦の後、直談判した。「これまでイエスマンだったけど、初めてノーを言った。使ってください、と」。だが、頼りの恩師は8月に解任。「悔しいことばかり。ゼロからのスタート」と責任を痛感した。自らに厳しく向き合い、ようやく成果を出した。

 あだ名は「TJ」。ポルトガル語が堪能で、戦術家の一面ものぞかせる30歳。「残り試合で、神戸のためにたくさんの点を取れるよう、積極的に仕掛けていく」と、さらなる貢献を誓った。(吉原知也)

「産経WEST」のランキング