産経WEST

台風18号、昼ごろ接近 九州南部に上陸の恐れ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


台風18号、昼ごろ接近 九州南部に上陸の恐れ

 大型で強い台風18号は17日、鹿児島県の一部を暴風域に巻き込みながら、東北東に進んだ。昼ごろまでに九州にかなり接近し、上陸する恐れがある。その後、速度を速めて西日本を通過するとみられ、18日にかけて西日本から北日本の広い範囲で大荒れとなる見込み。気象庁は土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒を呼び掛けている。

 18日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で九州北部、四国、近畿350ミリ、九州南部、中国地方、東海250ミリ、関東甲信200ミリ、東北180ミリ、北陸150ミリ。

 台風18号は17日5時現在、屋久島の西約100キロを時速約25キロで東北東へ進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径190キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

「産経WEST」のランキング