産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】やっぱり掛布退任“大津波”…3年契約を“防波堤”金本体制の来季は

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
やっぱり掛布退任“大津波”…3年契約を“防波堤”金本体制の来季は

鳴尾浜球場で練習を見守る金本監督(右)と掛布2軍監督 鳴尾浜球場で練習を見守る金本監督(右)と掛布2軍監督

 掛布退任の“衝撃波”は来季の金本体制を直撃する危険性があります。阪神は掛布雅之二軍監督(62)の退任を10日に発表しました。金本知憲監督(49)との若手育成理念の食い違いが大きな原因です。球団側は指揮官に対する3年を基本線とする複数年契約の提示で、全面バックアップする方向ですが、阪神OB&熱狂的ファンは来季以降、「掛布を退任させた」金本体制に強く結果を求めるはずです。チーム成績&若手育成の手応えが感じられない場合、鉄人には大きな反動が押し寄せるかもしれません。

■前回コラムで“予言”のとおり…

 大きなうねりが起こりましたね。前回のコラム(9月10日アップ、http://www.sankei.com/west/news/170910/wst1709100007-n1.html )で金本知憲監督に対する新たな複数年契約の提示と同時にチームには大きなうなりが起きる…と書きました。実はその大きなうねりの最たるモノが掛布二軍監督の去就だったのです。9月10日に発表された掛布二軍監督の退任はまさに金本監督への複数年契約提示と裏腹の出来事です。「長期の再契約」と「退任」…。2人が描いたコントラストこそ、阪神球団が選んだ来季以降のチーム造りへの方向性そのものです。

 前回のコラムで2年契約が今季で切れる金本監督に対して阪神本社ー球団首脳は新たに3年を基本線とする複数年契約を提示する、と書きました。それは監督への条件提示(再契約金、年俸額など)と同時に新たなチーム造りへの「条件闘争」の意味合いも出てくる局面となります。金本監督は2年の任期中に感じた思い、感じた改革点を球団側に求めることになり、改めて長期契約を結ぼうとする球団側は最大限、金本監督の意向に沿ったチーム造りを目指すことになります。

 「金本監督は掛布二軍監督率いる二軍の練習姿勢、指導理念を肯定的には捉えていなかった。金本監督はもっと激しく、厳しく、強制的にでも練習させる環境を望んでいたが、掛布二軍監督は違った。選手の自主性を重んじる指導だった。もう1年以上、2人のギャップはあらゆる場面で露呈していた」とはチーム関係者の話ですが、こうなってくると、どっちの指導が良くて、どっちが悪い…という話ではなくなります。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング