産経WEST

【プロ野球】勝負に徹した工藤監督、ソフトバンクV奪還に男泣き 7度宙を舞う

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
勝負に徹した工藤監督、ソフトバンクV奪還に男泣き 7度宙を舞う

【プロ野球西武対ソフトバンク】リーグ優勝し、胴上げされるソフトバンク・工藤公康監督=メットライフドーム(撮影・中井誠) 【プロ野球西武対ソフトバンク】リーグ優勝し、胴上げされるソフトバンク・工藤公康監督=メットライフドーム(撮影・中井誠)

 勝負に徹して1点にこだわり続けた。6-1の六回無死一塁では犠打を指示。追加点は奪えなかったが、今季を象徴する試合運びだった。連敗は4月に一度だけあった「4」が最長で、貯金を積み上げた。13試合を残し、2年ぶりの大台が目前の89勝。就任から3年連続で80勝以上を挙げたのは工藤監督が史上初だ。

 「相手も攻めようがない、気づいたら勝っているような色のない野球」を理想とする。終盤戦の投打に隙なく勝ちきり、リーグ最速記録を更新して優勝まで突き進んだ。

このニュースの写真

  • 勝負に徹した工藤監督、ソフトバンクV奪還に男泣き 7度宙を舞う
  • 勝負に徹した工藤監督、ソフトバンクV奪還に男泣き 7度宙を舞う

「産経WEST」のランキング