産経WEST

死んだ金魚を食べさせる…同居の女児虐待の男、懲役10年確定へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


死んだ金魚を食べさせる…同居の女児虐待の男、懲役10年確定へ

 最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は、福岡県久留米市で平成27年、同居していた女の長女に死んだ金魚を食べさせたとして、強要などの罪に問われた無職、江上孝被告(47)の上告を棄却する決定をした。14日付。懲役10年の一、二審判決が確定する。

 一、二審判決によると、27年2~9月、10代の長女を脅して多数の死んだ金魚を食べさせたほか、舌にたばこの火を押し付けるなどの虐待を繰り返した。

 被告側は「身に覚えがない」などと無罪を主張したが、一審福岡地裁久留米支部は「人格を無視した卑劣極まりない犯行」と退けた。二審福岡高裁は控訴を棄却した。女は有罪が確定している。

「産経WEST」のランキング