産経WEST

出勤途中の警察官が公開手配の男発見→尾行→職質で拳銃取り出すもはたき落として逮捕 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


出勤途中の警察官が公開手配の男発見→尾行→職質で拳銃取り出すもはたき落として逮捕 大阪府警

高橋俊雄容疑者(大阪府警提供) 高橋俊雄容疑者(大阪府警提供)

 大阪市浪速区の路上で、無職男性(59)が腹を刃物で刺され負傷した事件で、大阪府警に強盗殺人未遂容疑で公開手配されていた無職、高橋俊雄容疑者(77)=大阪市西区北堀江=について、府警は16日、拳銃を所持したとする銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。公開された顔写真を覚えていた警察官が出勤途中の駅で高橋容疑者を見つけ、逮捕につながった。

 府警捜査1課によると、16日午前9時半ごろ、大阪市中央区の南海難波駅のホームで、出勤途中の男性巡査長(35)が高橋容疑者を見つけた。

 巡査長が声を掛けたところ、高橋容疑者は偽名を名乗って立ち去ったが、上司の男性警部補(40)と合流しながら尾行を続け、約20分後、高橋容疑者がタクシーに乗り込もうとしたところを職務質問した。

 高橋容疑者はズボンのポケットから拳銃を取り出したが、警部補が地面にはたき落とし、現行犯逮捕。拳銃には実弾とみられる弾が6発装填(そうてん)されていた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング