産経WEST

台風18号、あすにも九州上陸の恐れ 太平洋側中心に大雨、土砂災害警戒

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


台風18号、あすにも九州上陸の恐れ 太平洋側中心に大雨、土砂災害警戒

 大型で強い台風18号は16日、東シナ海を北東に進んだ。九州南部では非常に激しい雨が降り始めており、午後には九州から東海の太平洋側を中心に、広い範囲で大荒れの天気となりそうだ。17日には九州にかなり接近して上陸する恐れがあり、気象庁は暴風や大雨による河川の増水や氾濫、土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けている。

 宮崎県内では16日午前、1時間に70ミリ以上の雨が降り、24時間雨量も300ミリを超えた。九州南部から本州の南海上に延びる前線の活動も台風の影響で活発化しており、台風の中心から離れた地域でも大雨になる可能性がある。16日夜から17日は西日本で猛烈な風が吹き、海は大しけになる見込みだ。

 17日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで、東海350ミリ、近畿300ミリ、九州南部、四国250ミリ、奄美、伊豆諸島150ミリ、九州北部120ミリ、中国100ミリ。

 台風18号は16日午前9時現在、東シナ海をゆっくりと北東へ進んでいる。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径200キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング