産経WEST

カルビーが京都のポテチを発売 18日から近畿各地で ちりめん山椒味

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


カルビーが京都のポテチを発売 18日から近畿各地で ちりめん山椒味

松本会長(左)の表敬を受け、大きな商品のパッケージを手にする山田知事=京都市上京区 松本会長(左)の表敬を受け、大きな商品のパッケージを手にする山田知事=京都市上京区

 食品大手のカルビー(本社・東京都)は18日から、京都名産のちりめん山椒(さんしょう)味のポテトチップスを、近畿6府県のコンビニエンスストアで発売する。京都のお茶と合う味に仕上げた自信作としており、開発のヒントはお茶漬けにあったという。想定価格は120円前後(税込み)。

 同社は、47都道府県各地の味を表現したポテトチップスを地元で味わってもらい、もっと地元や日本を好きになってもらおうと、「ラブジャパン」運動を展開。この第1弾として京都など16道府県の味を発売する。

 同社は、現在「お茶の京都博」を開催する府と味を検討。当初は宇治茶味も考えたが両者のマッチングが難しく、京都の老舗茶舗「辻利兵衛本店」の辻伸介社長にアドバイスを求めて行き着いたのが、京都のお茶漬けには欠かせない、ちりめん山椒だった。

 発売にあたり、同社の松本晃会長の訪問を受けた山田啓二知事は「ポテトチップスの軽やかな味にまず山椒の風味。2枚目からちりめんの味がする。お茶が飲みたくなる味」と満足した様子。松本会長は「ちりめん山椒の味をポテトチップスにどう付けるかに皆が大変に苦労して、その結果、いいものができたと思う」と話した。

「産経WEST」のランキング