産経WEST

5代目「有田みかん大使」5人任命

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


5代目「有田みかん大使」5人任命

有田みかん大使に選ばれた5人(JAありだ共選協議会提供) 有田みかん大使に選ばれた5人(JAありだ共選協議会提供)

 和歌山特産の「有田みかん」の魅力を伝えるイベントなどで活躍するJAありだ共選協議会(和歌山市)の「有田みかん大使」に5人が任命された。同大使の任命は今年で5回目。

 「有田みかん大使」は、近畿2府4県を中心に過去最多となる56人の応募の中から、書類審査と面接で選考された。5代目に選ばれたのは、有田市出身の同志社大3年、萬谷(まんたに)咲弥さん(20)や、広川町出身で関西医療大2年の中谷比南野(ひなの)さん(20)ら5人。

 JAありだのホームページには、5人のPR動画や自己紹介が掲載されており、任期は来年3月末まで。銀座三越やJR大阪駅とグランフロント大阪との連絡通路で行われるPRイベントのほか、シンガポールなど国内外でイベントやキャンペーンへの参加を予定しているという。

 萬谷さんは「私にとって、有田みかんはなくてはならない存在。全国に自信をもってPRしたい」。中谷さんは「生産者の方が苦労して作ったおいしいミカンを多くの人に知ってもらいたい」と意気込んでいる。

「産経WEST」のランキング