産経WEST

【今週の注目記事】中国人学生に「謝罪」する豪の大学教師たち…台湾や領土表記で「不快な思い」と批判、ネットで拡散

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
中国人学生に「謝罪」する豪の大学教師たち…台湾や領土表記で「不快な思い」と批判、ネットで拡散

中国・上海で毛沢東像の前に立つ大学生。オーストラリアでは中国政府の意見を代弁するかのように中国人学生が教師を批判するケースが相次いでいる(ロイター) 中国・上海で毛沢東像の前に立つ大学生。オーストラリアでは中国政府の意見を代弁するかのように中国人学生が教師を批判するケースが相次いでいる(ロイター)

 中国共産党機関紙、人民日報のウェブサイト「人民網」によると、コンピューターサイエンスの授業中、教授がスライドで「カンニングは許さない」と英語とともに中国語で表示した。中国人を標的にしたものだとして学生が大学の公式フェイスブックなどに抗議し、教授は文書で謝罪した。「教室の多くは中国人なので助けになると思ったが無神経だった。間違った判断を誤る」としている。

 5月にはメルボルン近郊のモナッシュ大学で、ビジネスを学ぶ学生対象のテストが物議をかもした。

 豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドによると、「中国では、政府の役人はどんな時だけ本当のことを話すといわれているか?」との質問があり、4つの回答から「酔って不注意になっているとき」を選ばせる問題があった。中国人学生らが強く反発して中国のネットユーザーも大きく反応し、教師は授業から外された。(9月10日掲載)

関連ニュース

「産経WEST」のランキング