産経WEST

ペット霊園の規制条例制定へ 大阪・枚方市、無許可ペット火葬場問題受け 平成30年7月施行目指す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ペット霊園の規制条例制定へ 大阪・枚方市、無許可ペット火葬場問題受け 平成30年7月施行目指す

 大阪府枚方市は、ペット霊園の設置を許可制、廃園を届け出制とする規制条例を制定すると発表した。墓地や火葬施設にも構造基準を設け、事業者への立ち入り調査や指導を可能にする。勧告を再三行っても従わない場合、ホームページなどで事業者名を公表することも検討するとしている。市民から意見を募集したうえで、来年の3月議会に条例案を提出し、同7月の施行を目指す。

 枚方市では今年1月、市内のペット霊園が突然閉園し、ペットの遺骨や墓石が散乱する事態となった。ところが、ペット霊園には規制法令や市条例が整備されておらず、市が対応できなかったため、条例制定を求める声が出ていた。

 市議会に提出する条例案では、設置の許可制や廃園の届け出制のほか、ペット霊園の計画段階で、事業者が周辺住民に事前周知することや、設置場所については住宅地などの近くに新設できないとする規制も盛り込む方針。また遺骨などが放置される事態を防ぐため、廃園する場合、土地などを元に戻す原状回復をするよう明記するという。

 市によると、同様の規制条例は、全国の120を超える自治体で制定されており、市は先行事例を参考に、内容を検討する。

「産経WEST」のランキング