産経WEST

【浪速風】3連休より祝日の意義を伝えるべきだ その日だから意味がある、ハッピーマンデー制度は愚策(9月15日)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【浪速風】
3連休より祝日の意義を伝えるべきだ その日だから意味がある、ハッピーマンデー制度は愚策(9月15日)

孫らと記念写真に納まる国内最高齢の田島ナビさん(手前)=平成27年、鹿児島県・喜界島 孫らと記念写真に納まる国内最高齢の田島ナビさん(手前)=平成27年、鹿児島県・喜界島

 「敬老の日」は以前は9月15日だった。昭和22(1947)年に兵庫県多可郡野間谷村(現多可町)が、55歳以上の村民を招いて敬老会を開催したのが始まりとされ、農閑期で気候が穏やかなこの日が選ばれた。門脇政夫村長は翌年の敬老会で「としよりの日」を村独自の祝日にと提唱した。

 ▼後年、「まだ敗戦の傷跡も生々しく、さらに民法の改正に伴う家族制度の大変革で、ややもすると老人軽視の風潮がそこかしこに感じられた。人心の収攬(しゅうらん)を図ることが肝要な方策と信じて、敬老会を計画したのです」と語っている。その精神は受け継がれているだろうか。祝日は由来を知ってこそ意義が伝わる。

 ▼平成15(2003)年から9月の第3月曜日になった。「体育の日」も東京五輪の開会式が行われた10月10日だから意味があるのに。3連休を増やすハッピーマンデー制度は愚策である。ところで、地元の「敬老の集い」の招待状が届いた。ちょっと複雑な気分である。

「産経WEST」のランキング