産経WEST

「三十三FG」4月設立で正式契約…三重銀・第三銀両頭取夕方にも概要説明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「三十三FG」4月設立で正式契約…三重銀・第三銀両頭取夕方にも概要説明

 三重銀行(三重県四日市市)と第三銀行(同県松阪市)は15日、経営統合する正式契約を結んだと発表した。来年4月2日に持ち株会社「三十三フィナンシャルグループ(FG)」を設立し、両行がそれぞれ完全子会社として傘下に入る。

 両行の頭取が15日夕、名古屋市で記者会見を開いて概要を説明する。

 持ち株会社の社長は三重銀の渡辺三憲頭取、会長は第三銀の岩間弘頭取が就く。登記上の本店は松阪市に置く一方で、管理部門などを集約する本社機能は大都市の名古屋市に近い四日市市で担う。

 低金利や人口減少に伴う厳しい収益環境の中、統合により経営基盤を強化する。両行の総資産を平成29年3月末時点の連結ベースで単純合算すると4兆円超。三重県内トップの百五銀行(津市)の約5兆5千億円に迫る。

 両行は今年2月、統合で基本合意したと発表。2、3年後の合併も視野に入れており、引き続き協議を進める。

「産経WEST」のランキング