産経WEST

酒気帯び運転で奈良県立高教諭停職 前夜に痛飲、出勤途上に立ち寄ったコンビニで店員とトラブル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


酒気帯び運転で奈良県立高教諭停職 前夜に痛飲、出勤途上に立ち寄ったコンビニで店員とトラブル

 奈良県教育委員会は15日、酒気帯び運転をしたとして、県立五條高の男性教諭(57)を停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は「安易な気持ちで車に乗ってしまった」と事実を認め、同日付で依願退職した。

 県教委によると、男性教諭は、7月5日午前7時半ごろ、通勤途中に車で五條市内のコンビニエンスストアに立ち寄り、振り込み手続きで店員とトラブルになった。駆け付けた警察官の検査で、基準値を超えるアルコールが検出され、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で摘発された。

 男性教諭は、同日未明に、寝付けずに焼酎の水割りを7、8杯飲んだという。

「産経WEST」のランキング