産経WEST

マツダ、全車を電動化へ 2030年代前半、環境を重視 ガソリン・ディーゼルエンジンだけの車はゼロに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


マツダ、全車を電動化へ 2030年代前半、環境を重視 ガソリン・ディーゼルエンジンだけの車はゼロに

マツダが発表した新型「MAZDA CX-8」 =14日午前、東京都港区(納冨康撮影) マツダが発表した新型「MAZDA CX-8」 =14日午前、東京都港区(納冨康撮影)

 マツダが2030年代前半にも、全車をハイブリッド車(HV)などの電動化モデルにする方針を固めたことが15日、分かった。マツダはエンジンの低燃費技術などに強みを持つが、全ての車にモーターを搭載することで環境性能を高め、欧州を中心に広がる規制強化の流れに対応する。

 マツダが品ぞろえを強化していくのはHVのほか、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)など。全ての車にモーターが搭載されることになり、ガソリンやディーゼルといったエンジンだけで動く車はゼロになる見通しだ。

 8月に資本提携を発表したトヨタ自動車とはEVを共同開発する。

 海外の自動車メーカーでは、スウェーデンのボルボ・カーは19年以降に発売する全車種を電動化すると発表。ドイツのフォルクスワーゲンは25年までにEVやPHVなど80車種の新型車両を投入する方針を表明している。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング