産経WEST

「反社会的な動機は容認できない」組幹部射殺事件で二審も元組員に無期判決 広島高裁岡山支部

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「反社会的な動機は容認できない」組幹部射殺事件で二審も元組員に無期判決 広島高裁岡山支部

 岡山市で昨年5月、当時の指定暴力団神戸山口組系の組幹部だった男性を射殺したとして、殺人などの罪に問われた指定暴力団山口組弘道会系元組員の山本英之被告(33)の控訴審で、広島高裁岡山支部(長井秀典裁判長)は15日、無期懲役の一審岡山地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 長井裁判長は判決理由で「対立組織のやり方が気に入らない、という暴力団特有の反社会的な動機で容認できない。市民が巻き添えになる危険性もあった」と指摘。一審判決後、被害者側に一部賠償金を支払ったことは「量刑を変更すべき事情とはいえない」とした。

 判決によると、昨年5月31日午前9時50分ごろ、岡山市南区のマンション1階の駐車場や通路で、高木忠幹部=当時(55)=に拳銃4発を発射。うち3発を左胸などに命中させて殺害した。

「産経WEST」のランキング