産経WEST

「家で飲むのはOK!」「子どもが悲しんじゃう」…飲酒運転根絶の思いを込めて、小学生作成コースター展示

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「家で飲むのはOK!」「子どもが悲しんじゃう」…飲酒運転根絶の思いを込めて、小学生作成コースター展示

小学生が作成した、飲酒運転根絶の思いを込めたコースター=京都市山科区の山科署 小学生が作成した、飲酒運転根絶の思いを込めたコースター=京都市山科区の山科署

 お父さん、飲酒運転しないでね-。京都府警山科署で、飲酒運転根絶の思いを込めて小学生が作成したコースターが展示されている。「飲酒運転はだめ」とストレートに伝えるものが多いが、「子どもが悲しんじゃう」などと家族の気持ちを訴える作品も多い。

 同署は夏休み期間中、管内の児童館20カ所を利用する小学生約600人に無地のコースターを配布。「保護者に飲酒運転を絶対にしてほしくない」との気持ちを込めた絵を描いてもらい、保護者へのプレゼントにしてもらった。

 この中から、各児童館で1点ずつ選出した優秀作品20点を展示。車やビールにバツ印を付けて「お酒をのんだら車に乗らない!」「飲酒運転やめましょう」とアピールするもののほか、家族の泣いているイラストに「家族の未来」と言葉を添えたデザインや、「家で飲むのはOK!」と工夫したメッセージの作品など、力作がずらり。

 同署の竹本照雄交通総務係長は「子供たちが描いたコースターを見て、大人はしっかりと考えてほしい」と話していた。

 来署者らによる投票で上位3作品を決め、22日に同署で表彰式を行うという。

このニュースの写真

  • 「家で飲むのはOK!」「子どもが悲しんじゃう」…飲酒運転根絶の思いを込めて、小学生作成コースター展示
  • 「家で飲むのはOK!」「子どもが悲しんじゃう」…飲酒運転根絶の思いを込めて、小学生作成コースター展示
  • 「家で飲むのはOK!」「子どもが悲しんじゃう」…飲酒運転根絶の思いを込めて、小学生作成コースター展示
  • 「家で飲むのはOK!」「子どもが悲しんじゃう」…飲酒運転根絶の思いを込めて、小学生作成コースター展示

「産経WEST」のランキング