産経WEST

【橋本奈実の芸能なで読み】北翔海莉、退団後も生活リズム変わらず朝からストレッチ、レッスン 「自分で自分の首しめるタイプで…」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【橋本奈実の芸能なで読み】
北翔海莉、退団後も生活リズム変わらず朝からストレッチ、レッスン 「自分で自分の首しめるタイプで…」

インタビューに答える北翔海莉さん インタビューに答える北翔海莉さん

 そんな“サムライ”のような北翔さん、自身がトップスターになってから、劇団にお願いしたことがあります。引っ張るようで申し訳ないですが、詳しくはWEBのインタビュー記事で。ご本人の言葉の“さわり”を書くと…。「『パジャマゲーム』みたいに、お給料アップでは全くないです(笑)。組のメンバーやスタッフが心地よい現場が目標だったので…」。今回のインタビューで最も感銘を受けた、北翔さんらしいエピソードです。

同時退団の相手役・妃海風とは毎日連絡、一緒にランチも

 取材中、何度も出てきたのは、「人とのご縁を大切に」という言葉です。「北翔さんと(結婚して)寿退団する思い」とまで表現し、同時退団した相手役の星組前娘役トップ、妃海風(ひなみ・ふう)さんとは退団後、毎日のように連絡をとり、よく一緒にランチにも行くそうです。

 「在団中は戦友みたいに二人三脚でやってきましたけど、卒業したら大親友のような間柄。お互いに尊敬できる部分があり、色々な相談ができるので」

 ファンとは全国ツアーや握手会を行い、自ら距離を近づけていきたいそう。現星組トップ、紅(くれない)ゆずるさんのプレお披露目公演を観劇し、舞台上からあいさつする紅さんに、客席から誰よりも通る声でかけ声をかけた。本当に、情に厚い方です。

 幼い頃から思っていた「世のため、人のために働く」という“己の義”を、公私ともにずっと貫き続けている方だと思います。

橋本奈実(はしもと・なみ) 橋本奈実(はしもと・なみ) 産経新聞大阪文化部記者。サンケイスポーツ大阪編集局運動部でゴルフやサッカー、同文化報道部で音楽、宝塚歌劇団担当などを経て現在、映画、歌劇などの取材を行っている。

このニュースの写真

  • 北翔海莉、退団後も生活リズム変わらず朝からストレッチ、レッスン 「自分で自分の首しめるタイプで…」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング