産経WEST

台風18号、あす九州接近 17日にも上陸の恐れ、大雨警戒

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


台風18号、あす九州接近 17日にも上陸の恐れ、大雨警戒

 非常に強い台風18号は15日、沖縄県の西の海上を北寄りに進んだ。勢力を保ったまま今後、東寄りに進路を変え、16日に九州に接近、17日に上陸する恐れがある。

■せっかくの3連休、お出かけが…

 気象庁によると、九州南部と奄美では16日、局地的に非常に激しい雨が降る見通し。奄美では16日夕方、九州南部では16日夜には、風速25メートル以上の暴風域に入る可能性がある。台風の北上に伴い、九州南部付近に停滞する前線の活動が活発化するため、西日本を中心に16日午後から大荒れの天気になる。

 16日午前6時までの24時間予想雨量は多いところで、九州南部200ミリ、奄美150ミリ、九州北部、四国100ミリ。17日にかけては、東海や近畿、関東甲信でも大雨が予想されている。

 16日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州南部・奄美30メートル(45メートル)、九州北部25メートル(35メートル)。波の高さは、九州南部・奄美10メートル、沖縄7メートル、九州北部6メートル。

続きを読む

このニュースの写真

  • 台風18号、あす九州接近 17日にも上陸の恐れ、大雨警戒

「産経WEST」のランキング