産経WEST

関門トンネル内で列車停止、モーター不具合で傾斜上り切れず…乗客160人“缶詰め”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


関門トンネル内で列車停止、モーター不具合で傾斜上り切れず…乗客160人“缶詰め”

関門海峡で隔てられる下関市(手前)と北九州市 関門海峡で隔てられる下関市(手前)と北九州市

 14日午後7時半ごろ、本州と九州を結ぶ関門トンネル内で、JR山陽線の行橋発下関行き上り普通列車(4両)がモーターの不具合で傾斜を上りきれず、停止した。乗客約160人が車内におり、約3時間後に別の列車にけん引され、その後トンネルを出た。

■海底トンネル…

 JR九州によると、当時モーターの出力が足りなくなっており、原因を調べている。

 このトラブルにより上下線で運転を見合わせ、門司-下関間で計10本が運休するなど約3千人に影響が出た。午後9時ごろに下り線を使い運行再開した。

▼【関連ニュース】インフラ崩壊・老朽化「橋いずれ落ちる」建設50年超7割に

「産経WEST」のランキング