産経WEST

【スポーツの現場】自転車プロレーサーの與那嶺恵理、世界の舞台で初表彰台 東京五輪のメダル獲得へ着実にステップアップ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツの現場】
自転車プロレーサーの與那嶺恵理、世界の舞台で初表彰台 東京五輪のメダル獲得へ着実にステップアップ

全日本選手権ロードレースに向けてフランスから一時帰国し、調整に励む與那嶺恵理=2017年6月(武井亨介コーチ撮影) 全日本選手権ロードレースに向けてフランスから一時帰国し、調整に励む與那嶺恵理=2017年6月(武井亨介コーチ撮影)

 堺市出身の自転車プロ・ロードレーサー、與那嶺恵理(よなみね・えり、26)が、世界トップレベルのレースで躍進している。昨年のリオデジャネイロ五輪・女子ロードレースでは日本人歴代最高の17位に入り、今年8月にオランダで開かれた女子ワールドツアーでは敢闘賞を獲得し、初めて表彰台に立った。有力プロチームからのオファーも相次ぎ、目標とする2020年東京五輪でのメダル獲得が現実味を帯びてきた。(上野嘉之)

天賦の才能が開花

 與那嶺は神戸女学院中学・高校時代の6年間、テニス部で活躍した後、「スポーツに打ち込みたい」と筑波大学へ進学した。しかしテニスで伸び悩んでいたところ、親戚の自転車愛好者に自転車競技を勧められ、天賦の才能が花開いた。

 2012年6月、競技を始めてわずか8カ月で出場した全日本選手権ロードレースで、強豪選手に先行してトップを快走。ゴール直前で差されて優勝は逃したが、堂々の2位入賞で周囲を驚かせた。

 翌年の全日本選手権ではロードレースと個人タイムトライアル(TT)の2冠を達成。全日本「女王」の座は、2017年までにロードレースで計3回、個人TTは計4回獲得している。さらにオフロード競技のマウンテンバイク(MTB)クロスカントリーでも全日本を2度制するなど、日本の第一人者に上りつめた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自転車プロレーサーの與那嶺恵理、世界の舞台で初表彰台 東京五輪のメダル獲得へ着実にステップアップ
  • 自転車プロレーサーの與那嶺恵理、世界の舞台で初表彰台 東京五輪のメダル獲得へ着実にステップアップ
  • 自転車プロレーサーの與那嶺恵理、世界の舞台で初表彰台 東京五輪のメダル獲得へ着実にステップアップ
  • 自転車プロレーサーの與那嶺恵理、世界の舞台で初表彰台 東京五輪のメダル獲得へ着実にステップアップ
  • 自転車プロレーサーの與那嶺恵理、世界の舞台で初表彰台 東京五輪のメダル獲得へ着実にステップアップ

「産経WEST」のランキング