産経WEST

偽旧1万円札100枚を密輸未遂 容疑で自称解体業の男逮捕 愛知県警中部空港署

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


偽旧1万円札100枚を密輸未遂 容疑で自称解体業の男逮捕 愛知県警中部空港署

 聖徳太子の肖像が印刷された偽の旧1万円札100枚を密輸しようとしたとして、愛知県警中部空港署は14日までに、関税法違反(禁制品輸入未遂)の疑いで同県一宮市三条郷東藤、自称解体業、松川歳雄容疑者(66)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月14日午前7時50分ごろ、ジャケットの内ポケットに偽の旧1万円札100枚を隠し、航空機でフィリピンから中部空港に持ち込んで不正輸入しようとしたとしている。

 中部空港署によると、松川容疑者は「ベトナムの友人から、日本で本物か確認してほしいと頼まれた。手伝うと手数料がもらえる」という趣旨の供述をしている。同署は、偽札の製造元や入手経路を詳しく調べる。

「産経WEST」のランキング