産経WEST

犯人はカラスが運ぶ「針金ハンガー」!? 7月の架線トラブルは金属接触でショートが原因と推定 JR西日本

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


犯人はカラスが運ぶ「針金ハンガー」!? 7月の架線トラブルは金属接触でショートが原因と推定 JR西日本

ショートして切れた架線の断面(JR西日本提供) ショートして切れた架線の断面(JR西日本提供)

 大津市のJR東海道線瀬田-石山間で7月26日夜に発生した架線切れトラブルで、JR西日本は14日、電圧の異なる2本の架線が何らかの金属を介して接続され、ショートしたのが原因と推定されると発表した。カラスが巣作りに使う針金ハンガーを落とした可能性もあるとみている。

 JR西によると、現場は電気系統を切り替えるエアセクション区間で、切断は2カ所に及んでいた。

 架線の断面などから、最初に約35センチ離れた並行する2本の架線を何らかの理由で置かれるなどした金属が不完全につないでしまい、異常な電気が流れて高熱を帯び、溶けるなどして切れたとみられる。2本の架線をつないだとみられる金属は見つかっていない。

 その後、新快速電車が通過。パンタグラフが切れた架線を巻き込み、その架線が、約50メートル先のパンタグラフに電気を供給するトロリ線を接触の衝撃で切断させたと推定されるという。

 JR西は、点検時にエアセクション区間を重点的に確認する対策を講じるとしている。このトラブルでは、復旧に約9時間を要し、運転再開が27日朝までずれ込み、約6万2千人に影響した。

「産経WEST」のランキング