産経WEST

ルール違反多発…自転車事故最多の大阪で「専用通行ゾーン」急増中 防止の「切り札」に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ルール違反多発…自転車事故最多の大阪で「専用通行ゾーン」急増中 防止の「切り札」に

大阪で急増中の自転車専用レーン。府警は「一方通行」の徹底を呼びかけている=大阪市中央区(彦野公太朗撮影) 大阪で急増中の自転車専用レーン。府警は「一方通行」の徹底を呼びかけている=大阪市中央区(彦野公太朗撮影)

 自転車が走る道を車や歩行者と区分して自転車事故を減らそうと、自転車専用の通行ゾーン「自転車通行空間」の整備が全国で進んでいる。中でも自転車事故の発生が全国最多の大阪府では、ここ3年で4倍以上になった。大阪府警では「事故防止につながる」と今後も自治体と連携しながら整備に力を入れる方針だが、大阪人の「ルール違反」を起因とした事故リスクへの対応にも迫られている。(鈴木俊輔)

全国で1700キロ

 自転車通行空間は、車道上で自転車以外の通行を規制する「自転車専用通行帯」▽柵や縁石などで車道や歩道と分離した専用道「自転車道」▽法的規制はないが、車道上に自転車の走行エリアを示す「自転車専用レーン」-の3種類。

 国土交通省と警察庁が整備に関するガイドラインを示した平成24年11月から全国で増加。国交省によると28年度末現在、全国で約1700キロが整備されている。それ以前の正確な統計はないが、担当者は「ここ数年で全国的に整備が進んだ」と手応えを語る。

 中でも近年増えているのが、車道の一部をカラー化するなどした自転車専用レーン。自転車が車道や歩道にはみ出すことを防げるほか、車やバイクが自転車の走行エリアを認識することで事故を抑制する効果も期待できる。法的規制もないため、自治体などが自主的に整備できる上、予算も比較的低く抑えられることから、総延長は約1120キロで全体の3分の2を占める。

続きを読む

「産経WEST」のランキング