産経WEST

普段不使用の係留漁船、エンジンかけたら出火 大阪・泉佐野、けが人なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


普段不使用の係留漁船、エンジンかけたら出火 大阪・泉佐野、けが人なし

 14日午前9時50分ごろ、大阪府泉佐野市新町の泉佐野漁港で、係留されていた漁船(全長約14メートル)から火が出ていると漁港の職員から119番があった。大阪府警泉佐野署によると、約15分後にほぼ消し止められたが、船首部分などが焼けた。けが人はなかった。

 同署によると、漁船は泉佐野市内の男性(61)が所有。普段は使用しておらず、男性が月に一度、エンジンをかけに来ていたという。この日もエンジンをかけに来たが、目を離したすきにエンジン部分から出火したといい、同署が詳しい出火原因を調べている。

「産経WEST」のランキング