産経WEST

「大学生強殺」で知人の男に無期懲役求刑 検察側 広島

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「大学生強殺」で知人の男に無期懲役求刑 検察側 広島

 広島市で平成27年6月、広島修道大4年の佐藤裕樹さん=当時(24)=を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人罪などに問われた知人の無職、山本勝博被告(44)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が14日、広島地裁(安藤範樹裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。 山本被告は「殺すつもりはなかった」と起訴内容を否認している。

 起訴状によると、27年6月21~23日、佐藤さんの自宅アパートで、複数回にわたって抗うつ剤などを多量に服用させ、インスリンを注射。意識がもうろうとした佐藤さんを浴槽に入れて湯に顔をつけ、薬物中毒または窒息により殺害し、約9万円を奪ったとしている。

「産経WEST」のランキング