産経WEST

【動画】あの“マハラジャ祇園”が21年ぶりの復活 お立ち台やハニートーストも バブル世代の女性「久々に踊りまくる」 京都

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
あの“マハラジャ祇園”が21年ぶりの復活 お立ち台やハニートーストも バブル世代の女性「久々に踊りまくる」 京都

約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」=13日夜、京都市東山区(寺口純平撮影) 約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」=13日夜、京都市東山区(寺口純平撮影)

 昭和60年代から平成にかけてのバブル期などに人気を集めたディスコ「マハラジャ祇園」が13日、京都市東山区の祇園会館で営業を再開した。約21年ぶりの復活。フロアには「お立ち台」がお目見えし、当時の人気メニュー「ハニートースト」も提供。訪れた客らは華やかだった当時の再現を懐かしんだりしていた。

 「マハラジャ」は1980年代に全国展開されたディスコで、祇園の店舗は平成8(1996)年の閉店まで“東洋一のディスコ”と呼ばれる旗艦店だった。

 復活となるこの日の午後8時の開店時には約120人が列を作った。午後7時ごろから先頭で待っていたという京都市の女性会社員(48)は「久々のマハラジャですごく楽しみ。きょうは踊りまくりたい」と笑顔で話していた。

 新たに生まれ変わった今回の祇園の店舗は、当時とは別の運営会社が展開。海外からの観光客を意識し、日本酒を提供したり、舞妓(まいこ)や忍者らのショーが楽しめたりする。

 運営会社のドリームワークス(同区)は「外国人観光客が夜の京都を楽しめる場所が少ない。祇園の街の活性化にも一役買いたい」としている。

 営業は水~土曜日の午後8時~翌日午前2時ごろ。入場料(税込み、ドリンク券付)は男性3千円、女性2500円。

このニュースの写真

  • あの“マハラジャ祇園”が21年ぶりの復活 お立ち台やハニートーストも バブル世代の女性「久々に踊りまくる」 京都

「産経WEST」のランキング