産経WEST

性別欄削除求め意見書提出、岐阜・八百津町に支援団体

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


性別欄削除求め意見書提出、岐阜・八百津町に支援団体

 性的少数者(LGBT)の支援団体「レインボーなごや」(名古屋市)が13日、岐阜県八百津町に対し、印鑑登録証明書から性別欄の記載をなくすことを求める意見書を提出した。団体メンバーで自身も性同一性障害の同町に住む自営業、山口晴加さん(31)は「小さいことから変えていきたい。全国の自治体にも広がってほしい」と話した。

 団体などによると、東京の性同一性障害の当事者団体が平成25年時点のデータで調査した結果、全国約1740の市区町村のうち、性別欄のない証明書を発行するのは183自治体だったという。

 山口さんは戸籍上の性別は男性だが、昨年10月に名前を変更するなどして、女性として生活。今年8月、業者との契約のため、証明書を取り寄せると性別欄に「男性」と記載されていた。業者に証明書を提示した際のことを「相手は何も言わなかったが、微妙な空気になった。内心すごく嫌だった」と振り返る。

 意見書を受け取った金子政則町長は「不快な思いをさせないような対応を検討し、一歩一歩進めたい」と話した。

 総務省が各自治体に通知している事務処理要領では、印鑑登録証明書は「男女の別」を登録事項としているが、昨年12月には「男女の別を記載しないことは差し支えない」と知らせている。

「産経WEST」のランキング