産経WEST

「殿様気分」でいつまでも眺めていたい景色 岡山・津山の衆楽園施設、一般貸し出しが好評

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「殿様気分」でいつまでも眺めていたい景色 岡山・津山の衆楽園施設、一般貸し出しが好評

余芳閣2階からの眺めを楽しむ観光客=岡山県津山市 余芳閣2階からの眺めを楽しむ観光客=岡山県津山市

 岡山県津山市は、国の名勝「衆楽園」(同市山北)内にある迎賓館など、4つの施設の一般貸し出しを行っており、利用者から好評を得ている。管理する市公園緑地課は「優美な大名庭園の中で、お茶会や食事会などに活用してもらい、普段とは違う、ゆっくりしたひとときを楽しんでもらえれば」と利用を呼びかけている。

 同園は、津山藩2代藩主の森長継が、京都から作庭師を招き、明暦3(1657)年に造営した近世池泉回遊式の大名庭園。

 同様式の岡山後楽園よりも歴史が古いという。四季を通して趣が楽しめ、これからの季節は、紅葉が園内を彩っていく。

 貸し出しを行っているのは、当時の建物を再現したかやぶき屋根の「余芳閣」(1、2階各12畳)や「風月軒」(10畳)、「清涼軒」(7畳)をはじめ「迎賓館」(1号館、2号館各38畳)の4施設。

 余芳閣2階からの眺めを楽しんでいた奈良県王寺町

の長谷川健さん(67)と恵伊子さん(64)夫妻は「技術を駆使した庭園で、素晴らしい景色。殿様気分で、いつまでも眺めていたいですね」と満面の笑みだった。

 利用時間は午前7時~午後8時(11~3月は午後5時まで)最大3時間の利用料金は各施設に応じ、1620~5940円。3時間を超える場合は1時間につき、利用料金の20%を加算する。冷暖房の設備はない。要予約。問い合わせは同課((電)0868・32・2097)。 

このニュースの写真

  • 「殿様気分」でいつまでも眺めていたい景色 岡山・津山の衆楽園施設、一般貸し出しが好評
  • 「殿様気分」でいつまでも眺めていたい景色 岡山・津山の衆楽園施設、一般貸し出しが好評

「産経WEST」のランキング