産経WEST

超大型恐竜の足跡化石3個発掘 体長30メートル以上か モンゴルで岡山理大調査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


超大型恐竜の足跡化石3個発掘 体長30メートル以上か モンゴルで岡山理大調査

人を挟み右側が新たに発見された3つの足跡化石。左側が昨年発見分=モンゴル・ゴビ砂漠南東部(岡山理大-モンゴル共同調査隊提供) 人を挟み右側が新たに発見された3つの足跡化石。左側が昨年発見分=モンゴル・ゴビ砂漠南東部(岡山理大-モンゴル共同調査隊提供)

 調査に参加した同大理学部4年の仁田祐輔さん(21)は「現地は北海道に似た気候で過ごしやすく有意義な調査だった。今回の化石が見つかった地層の年代なども研究したい」などと話していた。

 同大はバイオメーカー・林原(岡山市北区)の恐竜研究事業を引き継ぎ、平成27年からゴビ砂漠での発掘調査を行っている。

▼【関連ニュース】“絶滅”寸前? JR山陰線の究極「秘境駅」…1日の乗降10人、「現実逃避」の快感

このニュースの写真

  • 超大型恐竜の足跡化石3個発掘 体長30メートル以上か モンゴルで岡山理大調査

「産経WEST」のランキング