産経WEST

桐生選手に「最高栄誉賞」 滋賀県が賞を新設 9秒台達成は歴史的瞬間

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


桐生選手に「最高栄誉賞」 滋賀県が賞を新設 9秒台達成は歴史的瞬間

 滋賀県は12日、新たに県民スポーツ大賞に「最高栄誉賞」を設け、近く桐生選手に贈ると発表した。

 県民スポーツ大賞は、スポーツで活躍した県ゆかりの選手に贈られ、これまでの最高賞の「栄誉賞」には、女子バレーの木村沙織選手やフェンシングの太田雄貴選手、競泳女子の大橋悠衣選手らが選ばれている。

 桐生選手も昨年、リオデジャネイロ五輪の男子400メートルリレーで銀メダルを獲得し栄誉賞を受賞しているが、今回の初の9秒台達成を受け、これまでの最高賞をさらに上回る「最高栄誉賞」の新設を決めた。

 県は「9秒台達成は日本中の注目を集めた歴史的な瞬間。その偉業をたたえたい」としている。

「産経WEST」のランキング