産経WEST

【鉄道ファン必見】1日の乗降10人、山陰線の究極の秘境駅…周囲は山だけ、堪らない「現実逃避」の体感

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
1日の乗降10人、山陰線の究極の秘境駅…周囲は山だけ、堪らない「現実逃避」の体感

居組駅を通過する「瑞風」。展望デッキからは手を振る乗客も 居組駅を通過する「瑞風」。展望デッキからは手を振る乗客も

 兵庫県北部を走るJR山陰本線には、駅員が誰もいない無人駅が少なくない。その中でも、“秘境駅”感を漂わせているのが、近畿最北西端の「居組(いぐみ)駅」(新温泉町)だ。うっそうとした森の中にぽつねんと姿を現す駅舎を利用するのは1日平均10人前後。それでも、落書き帳には「秘境駅愛」がつづられ、一度は訪れたい鉄道マニアの聖地になっている。

人のいない駅に人影が

 麓の日本海の漁港から山の中の一本道を上がること約1キロ。「大阪川」という小川の橋にさしかかると、駅舎の古びた赤い瓦屋根がようやく見えてくる。

 平屋の駅舎の待合室には当然、自動券売機などはなく、がらんどう。壁に張られた時刻表も列車本数が少ないから、隙間だらけだ。駅前には、かつてはそれなりの見栄えだったとみられる日本庭園らしき痕跡もある。周囲は山しかない。今では町中でほとんど見られなくなった公衆電話ボックスがどこか郷愁を誘っている。

 ところが8月の取材当日、そんな秘境駅に人影があった。知らずに行ったところ、偶然、JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエキスプレス瑞風(みずかぜ)」の通過に出くわした。待ち構えていたのは地元の実家に帰省中の神奈川県鎌倉市在住の母子。緑の車両がすぐ目の前を走り去る近接感に、「ここでしか体験できない迫力」と興奮を隠しきれない様子だった。

 周りの緑に溶け込んでいく車体、こちらも最後尾の展望デッキに立つ乗客に思わず手を振り返した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 1日の乗降10人、山陰線の究極の秘境駅…周囲は山だけ、堪らない「現実逃避」の体感
  • 1日の乗降10人、山陰線の究極の秘境駅…周囲は山だけ、堪らない「現実逃避」の体感
  • 1日の乗降10人、山陰線の究極の秘境駅…周囲は山だけ、堪らない「現実逃避」の体感
  • 1日の乗降10人、山陰線の究極の秘境駅…周囲は山だけ、堪らない「現実逃避」の体感
  • 1日の乗降10人、山陰線の究極の秘境駅…周囲は山だけ、堪らない「現実逃避」の体感
  • 1日の乗降10人、山陰線の究極の秘境駅…周囲は山だけ、堪らない「現実逃避」の体感

「産経WEST」のランキング