産経WEST

【神戸で抗争】銃声2発 緊迫する住宅街 近くに小学校

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸で抗争】
銃声2発 緊迫する住宅街 近くに小学校

発砲事件の現場付近を調べる兵庫県警の捜査員ら=12日午前、神戸市長田区五番町 発砲事件の現場付近を調べる兵庫県警の捜査員ら=12日午前、神戸市長田区五番町

 暴力団関係者の射殺事件が起きた現場付近には捜査車両が次々と駆け付け、騒然となった。近くには小学校もあり、事件後、児童が保護者や教員に付き添われて下校した。暴力団抗争とみられる発砲事件に住民らは不安を募らせた。

 午前10時ごろ。車の衝突音と銃声が突然響いた。現場近くで電器店を営む男性(49)の目の前の路上では2人の男性がもみ合いになっており、まもなく一方の男が両手で銃を構えた。男性は「抗争事件だ」と直感し、慌てて110番。その間に2発目の銃声が響き、撃たれた男性が血だらけで倒れ込んだ。

 別の男性(54)は犯人の丸刈りの男が南西方向に全速力で走り、さらに北西方向へと逃げていくのを見たという。

 現場の約500メートル圏内には市立小学校と県立高校計4校があり、周辺は通学路にもなっている。息子2人を小学校に通わせているという40代の女性は「近くに暴力団の関連施設があるとは聞いていた。先生も送り迎えをしてくれているが、こんな形で事件が起きるのは怖い。子供を遊びに行かせるのも不安になる」と青ざめた表情で話した。

 近くに住む元暴力団関係者の男性(79)は「車同士が衝突する前、任侠山口組の織田絆誠代表が普段乗っているワゴン車にバイクがぶつかったと思う。撃たれた男性は織田代表のボディーガードだ」と証言した。

このニュースの写真

  • 銃声2発 緊迫する住宅街 近くに小学校
  • 銃声2発 緊迫する住宅街 近くに小学校
  • 銃声2発 緊迫する住宅街 近くに小学校

「産経WEST」のランキング