産経WEST

グンゼ、アデランスの院内ヘアサロンでがん患者向け肌着を販売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


グンゼ、アデランスの院内ヘアサロンでがん患者向け肌着を販売

ヘアサロンで販売が始まった肌着の一例(グンゼ提供) ヘアサロンで販売が始まった肌着の一例(グンゼ提供)

 グンゼは12日、がん手術などを受けた女性患者向けの肌着6種類を、かつら大手のアデランスが東京や大阪などで運営する病院内ヘアサロン計10店で売り出したと発表した。昨年2月から電話やインターネットで販売してきたが、実店舗での展開は初めて。

 ヘアサロンには術後の副作用による脱毛、肌荒れに悩む女性客が多いという。販売する肌着は、手術の傷に当たる縫い目をなくしている。

 ただ、グンゼの広報担当者は「使い方の説明が必要で、これまで店舗展開が難しかった」と話す。

 このため販売を始めたアデランスのヘアサロンでは、店舗スタッフが患者の悩みに合わせた使い方を勧め、販売増につなげる。ヘアサロンは全国で29店を展開中で、グンゼは今後、取り扱い店を増やす方針。

「産経WEST」のランキング