産経WEST

大商、シンガポール科技庁と提携 技術革新へノウハウ交換

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大商、シンガポール科技庁と提携 技術革新へノウハウ交換

オープンイノベーション分野で提携した大阪商工会議所の尾崎裕会頭(左)とシンガポール科学技術研究庁のリム・チュアン・ポー長官=大阪市中央区 オープンイノベーション分野で提携した大阪商工会議所の尾崎裕会頭(左)とシンガポール科学技術研究庁のリム・チュアン・ポー長官=大阪市中央区

 大阪商工会議所とシンガポール科学技術研究庁は12日、先進技術を融合して新しい製品やサービスを生み出すオープンイノベーション(技術革新)で提携関係を結んだ。大阪市内で同日、大商の尾崎裕会頭(大阪ガス会長)と同庁のリム・チュアン・ポー長官が出席して締結式を行った。

 両者は2012年にライフサイエンス分野で提携しており、モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)などの先進技術の登場を踏まえて、協力関係を拡大する。

 大商と同様、同庁はイノベーション促進に積極的で、提携でノウハウを交換する。企業の投資促進や人材交流など、関西とシンガポールの経済関係の強化につなげる狙いがある。

 尾崎会頭は「シンガポールはアジアでも有力なビジネスハブ(拠点)の一つ。新しいことに対する感性が高く、将来に役立つこと(製品やサービスの開発)を実際にやってみるには最適の場所」と語った。

「産経WEST」のランキング