産経WEST

病院送迎車転落、女性死亡 長崎の市道、数人負傷

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


病院送迎車転落、女性死亡 長崎の市道、数人負傷

 12日午前9時15分ごろ、長崎市油木町の市道で、長崎みどり病院(長崎市)の送迎用ワゴン車がガードレールを突き破り、道路脇の約4メートルの崖下に転落した。通院のため乗車していた同市青山町の無職、山田キヌヱさん(91)が死亡。他に乗っていた5人のうち、運転手の浜口剛さん(66)=同市天神町=ら数人が負傷した。

 長崎県警浦上署や病院などによると、ワゴン車は、病院関連の日帰りリハビリ施設を利用する山田さんら70~90代の患者4人と、50代の女性職員1人を乗せて病院へ向かう途中だった。浜口さんは平成27年6月ごろからパートで働いており、これまで勤務中に事故を起こしたことはなかったという。署が詳しい事故原因を調べている。

 現場はJR西浦上駅から南西約1・7キロの住宅街。

「産経WEST」のランキング