産経WEST

水俣病訴訟の元原告・溝口秋生氏死去

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


水俣病訴訟の元原告・溝口秋生氏死去

 溝口 秋生氏(みぞぐち・あきお=水俣病訴訟の元原告)12日午前4時22分、老衰のため熊本県水俣市の病院で死去、85歳。水俣市出身。葬儀・告別式は13日午前11時から水俣市古城1の676、総合仏事会館みなまたで。喪主は三男泰生(やすお)氏。

 昭和52年に亡くなった母チエさんが生前に申請した水俣病認定申請が棄却されたことを受け、平成13年に処分取り消しなどを求めて熊本県を相手に熊本地裁に提訴。最高裁は25年、感覚障害だけでも水俣病と認める初判断を示した上で、チエさんを患者と認定するように義務付けた判決を出し、勝訴が確定した。

「産経WEST」のランキング