産経WEST

奈良の山奥に仏の大女優が…河瀬直美監督が最新作の撮影開始

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良の山奥に仏の大女優が…河瀬直美監督が最新作の撮影開始

映画「Vision」の撮影にクランクインした(右から)ジュリエット・ビノシュさん、河瀬直美監督、永瀬正敏さん=奈良県吉野町 映画「Vision」の撮影にクランクインした(右から)ジュリエット・ビノシュさん、河瀬直美監督、永瀬正敏さん=奈良県吉野町

 奈良市出身の映画監督、河瀬直美さんが、奈良を舞台にした最新作「Vision」の制作に取りかかっている。主演はフランスの名俳優・ジュリエット・ビノシュさんと、河瀬監督の前作「光」でも主演した永瀬正敏さんという豪華キャスト。来年の公開に向け、奈良県吉野町で撮影が進んでいる。

 「Vision」は、世界中を旅して紀行文エッセーを執筆するフランス人エッセイスト役のビノシュさんと、吉野の山を守る「山守(やまもり)」役の永瀬さんが出会い、言葉や文化の壁を越えて心を通わせていく物語。全編を通じ奈良でロケが行われる予定で、今月3日にクランクインした。今月20日までと、11月~12月初旬の2期に分けて撮影予定という。

 新作づくりのきっかけは、今年5月に開催された第70回カンヌ国際映画祭。コンペティション部門に「光」を出品した河瀬監督と本作のプロデューサー、マリアン・スロットさんが映画祭の公式ディナーで同席となった際、“映画への愛”を通じ意気投合。翌6月には制作が決まった。今回も、河瀬監督によるオリジナルの脚本だ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング