産経WEST

リニア「名古屋以西の早期開業を」 大阪、奈良など3府県が決起大会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


リニア「名古屋以西の早期開業を」 大阪、奈良など3府県が決起大会

 三重、奈良、大阪の3府県などは11日、リニア中央新幹線の名古屋-大阪ルートの早期開業を求め、国やJR東海との連携を深める決起大会を大阪市で開いた。松井一郎府知事は「地元自治体としても着工に向け、さまざまな協力を惜しまない」とあいさつした。

 大会は3府県の経済団体や国会議員、地方議員ら関係者約490人が参加。名古屋以西ルートの早期確定のほか、乗り換えの利便性を確保した駅の設置などを求める決議を採択し、3府県による連携強化も確認した。

 リニア中央新幹線は、東京・品川-名古屋は2027年に先行開業予定。政府は45年の予定だった大阪までの全線開業を最大8年前倒しする方針を示している。名古屋以西は、国の整備計画で奈良市付近を通るとしているが、京都府などが京都経由を求めている。

 来賓として出席したJR東海の柘植康英社長は「詳細なルートや駅の位置は、環境アセスメントの手続きを通じて決める」とした上で「3府県の自治体とは今後、実務的な意見交換を含めて連携したい」と話した。

「産経WEST」のランキング