産経WEST

頭にアイスピック、レジの現金奪われる?宮崎で強盗殺人事件

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


頭にアイスピック、レジの現金奪われる?宮崎で強盗殺人事件

 9日午前11時50分ごろ、宮崎市江平東の「江平四ツ目食堂」の調理場で店主(65)とみられる男性が頭から血を流して倒れ、死亡しているのを来店した客の男性が見つけ110番した。捜査関係者によると、アイスピックのようなものが頭に刺さったままだった。レジの引き出しが開き、現金がなかったことから、宮崎県警は強盗殺人事件として捜査を始めた。

 宮崎北署によると、客の男性が訪れた際、店内に他の人はいなかった。店主の男性は、食堂が1階に入るビル内の住居で1人で暮らしながら営業していた。署は身元の確認を急ぐとともに、死因を調べている。

 近所の人によると、江平四ツ目食堂は店主の男性の父親が創業し、古くから営業していた。最近は客入りが少なく、毎日店を開けている様子ではなかったという。自治会長の男性(76)は「何かトラブルを抱えていたとは聞いていない」と話した。

 現場はJR宮崎駅の北約1・2キロで、国道10号に沿ったアーケード商店街の一角。

「産経WEST」のランキング