産経WEST

交通死亡事故ゼロへ 道路渡る前「3度見い!」 女性警察官デザインの菓子パン好評

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


交通死亡事故ゼロへ 道路渡る前「3度見い!」 女性警察官デザインの菓子パン好評

交通標語が書き込まれた菓子パン「サンミー」。左から兵庫県警加古川署交通1課の毛利明子、堀口景子の両巡査部長 交通標語が書き込まれた菓子パン「サンミー」。左から兵庫県警加古川署交通1課の毛利明子、堀口景子の両巡査部長

 道路を渡る前には、必ず3度見て!

 兵庫県警の女性警察官2人がデザインした包装の菓子パンが、好調な売れ行きだ。関西では誰もが知るパン「サンミー」に、「いちどみ」「にどみ」「サンどミ~」との交通標語を書き込んだ。「子ども、若い人、お年寄りも手に取るパン。何度も食べて、事故が一つでも減れば」と話す。

 サンミーは大阪市のパン製造販売会社「神戸屋」の人気商品。チョコレートとケーキ生地、クリームの三つが味わえることにちなんだ名前だ。

 県警のマスコットキャラクターとピンク色のハートでかたどった標語が入った特製の包装は、加古川署交通1課の毛利明子(47)、堀口景子(34)の両巡査部長が考えた。

 署の管内で相次ぐ交通死亡事故を「何とかしたい」と考えた2人は、「日常的に手に取る」菓子パンに目を付けた。堀口さんが「(駆け出しだった)白バイ時代の青春の味」と語るサンミーと、右左右の「3度見」でピンときた。近くの神戸屋の工場に飛び込みで企画を持ち掛け、実現した。

 昨年4月から兵庫県内のスーパー「マルアイ」58店舗で販売中。1個88円(税抜き)。今年12月まで店頭に並ぶ予定。

「産経WEST」のランキング