産経WEST

【桐生9秒98】1秒間で最大5歩 世界有数の高速ピッチはタイソン・ゲイと同レベル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【桐生9秒98】
1秒間で最大5歩 世界有数の高速ピッチはタイソン・ゲイと同レベル

日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で日本新記録となる9秒98をマークした桐生祥秀=9日、福井県営陸上競技場 日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で日本新記録となる9秒98をマークした桐生祥秀=9日、福井県営陸上競技場

 身長176センチと決して大柄ではない桐生の武器は、1秒間で最大5歩にも達する世界有数の高速ピッチだ。足の回転数は世界歴代2位の9秒69の記録を持つタイソン・ゲイ(米国)と同じレベルにある。

 短い接地時間でいかに推進力を得るか。日本陸連強化委員会の小林海氏は「ある程度地面を押さないと前に進めないが、短い時間できちんと前に跳べている」と効率の良さを指摘する。最大で身長の約1・3倍に達する歩幅も武器に挙げた。

 フォームはバランスが取れ、目立った癖はない。日本の歴代スプリンターでは10秒00の伊東浩司氏は膝を高く上げずに重心を移動させる走りを身につけようと、腰回りの筋力を鍛えた。10秒03の末続慎吾もすり足に近い感覚の走りを目指した。

 400メートルの日本記録保持者で元日本陸連強化委員長の高野進氏は伊東氏や末続の動きは小手先ではまねしにくい動きだったと評した上で、「(桐生は)すごくまとまっている。多くの人がお手本にできる」と解説した。

「産経WEST」のランキング