産経WEST

岸和田だんじり祭、場所取りアカン 粘着テープに「とるな」 警察も除去・指導に乗り出す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


岸和田だんじり祭、場所取りアカン 粘着テープに「とるな」 警察も除去・指導に乗り出す

除去した後にすぐに貼られていた場所取りの粘着テープ=1日、岸和田市 除去した後にすぐに貼られていた場所取りの粘着テープ=1日、岸和田市

 16、17の両日に行われる大阪府岸和田市の「岸和田だんじり祭」。高さ約4メートル、重さ約4トンの各町のだんじりが城下町を疾走する勇壮さで知られるが、粘着テープを地面に貼る地元見物客の「場所取り」も祭りに劣らず激しいのは有名な話だ。通行人が道路標識と勘違いする危険性があるなどとして、主催者がテープを取り除いても、すぐに貼り直される。一向にマナーが改善されない状況に業を煮やした府警岸和田署は今年、初めて除去作業に加わり、指導に乗り出した。

 「取っても、取っても…」

 「とるな」「しばく」-。祭りのメーンエリア約300メートルにわたって場所取りのために貼られた粘着テープに書かれた文字だ。

 8月28日、祭りの運営関係者や岸和田署、市観光課の職員ら約30人が集まって行われた現場確認。いたる場所で同様のテープが確認でき、関係者は「取っても取っても貼っていかれる」と深いため息をついた。

 路上には剥がしにくいように名刺大に切られたテープが歩道やガードレールに張られ、一枚一枚に町の名前などがペンで書き込まれている。中には「去年からとってるのでとらないで」と書かれたものもあった。

 結局、この日はそのまま除去作業が始まり、約2時間で45リットルのポリ袋4袋分のテープを剥がし終えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 岸和田だんじり祭、場所取りアカン 粘着テープに「とるな」 警察も除去・指導に乗り出す
  • 岸和田だんじり祭、場所取りアカン 粘着テープに「とるな」 警察も除去・指導に乗り出す
  • 岸和田だんじり祭、場所取りアカン 粘着テープに「とるな」 警察も除去・指導に乗り出す
  • 岸和田だんじり祭、場所取りアカン 粘着テープに「とるな」 警察も除去・指導に乗り出す

「産経WEST」のランキング