産経WEST

【尖閣国有化5年】「中国やりたい放題」地元漁師や市議ら危機感、海保は「薄氷を踏む」警備

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【尖閣国有化5年】
「中国やりたい放題」地元漁師や市議ら危機感、海保は「薄氷を踏む」警備

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海内で中国公船に対応する海上保安庁の巡視船(右)=平成28年8月9日(同庁提供) 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海内で中国公船に対応する海上保安庁の巡視船(右)=平成28年8月9日(同庁提供)

 11日で国有化から5年を迎える尖閣諸島(沖縄県石垣市)。この間、周辺海域での中国公船の航行は常態化し、領海侵入も繰り返す。海上保安庁は昨年2月、「尖閣警備専従部隊」を立ち上げて対応しているが、海保巡視船と中国公船とのにらみ合い状態が続いており、今も地元漁師が好漁場の尖閣周辺に容易に近づけない。日本固有の領土なのに、開発もできない状況だ。「いつまでこんな状態が続くのか」。漁師ら住民からは切実な声が漏れる。

機関砲搭載の公船も…示威行為加速させる中国

 「長期戦になる」

 5年前、中国公船が大挙して姿を現した際、海保幹部はこうにらみ、警備への覚悟をのぞかせた。当時、南シナ海に対し中国が実効支配を強めている状況で、尖閣も「そうなるのでは」と予測。海保は早くから専従部隊発足を模索し、着実に対応を進めてきた。

 だが中国は公船の航行常態化に加え、示威行為を加速させている。約2年前からは機関砲を搭載した公船を派遣。海洋調査船による無許可の調査活動行為を繰り返す。

 これに対し、海保の警備態勢は万全とはいえず、専従部隊の他からも応援を得てしのいでいる状況。幹部は「尖閣以外で事件や事故があれば船を融通するのが難しくなる。まさに薄氷を踏む思いだ」と危機感を募らせる。

好漁場なのに近づけず

 緊張を解けない情勢に石垣の地元漁師からは、ため息が漏れる。「操業できない現状が未来永劫続くのは本望ではない」。元沖縄県漁業士会会長の比嘉(ひが)康雅さん(60)は嘆く。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「中国やりたい放題」地元漁師や市議ら危機感、海保は「薄氷を踏む」警備

「産経WEST」のランキング